×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禁煙成功堂


ここしばらく、新しいものが出てこなかった禁煙対策グッズのニューカマー「電子タバコ」。
テレビや雑誌などでも多く取り上げられ今や大人気商品となりました。
とはいえ、聴いたことはあってもよくわからなかったり、本当にタバコの代わりになるのか?なんて疑問も多いはず。
今回はそんな電子タバコを徹底検証してみました。

1・電子タバコってなに?(このページ)
2・機種別機能、価格一覧表

今大ブームの電子タバコとは?

一言で言えば「タバコ型の煙の出るパイプ」。

ですが、吸い込めば先ちょがあたかも火が点っているように光り、タバコの味(や他のフレイバーもあり)とともに煙をはくことができます。つまりかなりリアルなタバコの代用品というわけです。

国外では実際にニコチンを含むものもありますが、国内では薬事法の絡みからそういったものはありません。つまり、タバコのような有害な物質は含みません。

ただし、ご注意してほしいのは、使用することで禁煙できる正しい意味での「禁煙グッズ」ではありません。

禁煙には立ちはだかるこの2つの大きな壁、

肉体的な依存症、いわゆる「ニコチン中毒」
習慣性=「口寂しさ」


があるのはご存じの通り。意外と手強いのは習慣です。
「ああっ。今タバコ吸いてーなあ!」
電子タバコはこの対策に期待できそうですね。

もちろん、本物の煙ではないですしニコチンも含まれませんので世間様が非難する「受動喫煙」の心配はなし。タバコが吸いたい時に使用すればおのずと本数が減ることは期待できましょう。

原理はどのメーカーも同じ。交換できるカートリッジ部分に含まれた液体を本体内で暖めて煙ソックリのミストを発生させます。

下は最近人気の「ドクタースモーカー」の写真ですが、各メーカー同様の仕組みになっています。

電子タバコの仕組み

本物のタバコの代わりになるの?

なりません(笑)けど、なかなかです。

タバコ吸いのあなたならわかって頂けると思うのですが、マルボロがマイルドセブンになっても「気持ち悪い」なんて言ってしまう愛煙家にとって、「普通のタバコ」から「電子タバコ」へはやっぱりそれなりに割り切らないといけません。

「タバコを吸わない代わりにくわえるんだから」と、思っておけば我慢もできるというもの。

ただし、(きっと)今予想している以上にその再現性は高いです。



こちらは、電子タバコのトップブランド「TaEco」を取り上げたニュース映像。
煙のリアリティには驚いて頂けるはず。一般の方の反応も上々です。

ただ最初はタバコ味を当然求めるのですが、慣れてくるとフルーツやバニラなんていう「ありえねえっ!」というようなカートリッジの方が良くなってきたりもします。電子タバコなりの楽しみ方もあるのです。

ちなみに煙はミストです。水蒸気と説明される場合もありますが厳密には正しくありません。熱でフィルター内の薬剤を気化させたモノです。

普通のタバコとの違いは?

1・味
一番気になるのはここでしょうか?
私は今回のためにいくつかの電子タバコ(の「タバコ味」)を試していますが、最初の素直な感想は
「吸っている気になるけど、薄くてまずいタバコみたい」
でした。

普通のタバコの種類を変えても口に合わず同じような感想はもったものです。
期待が大きすぎるのも考え物で、慣れてきて「こんなものか」と思ってからは楽しめるようになってきました。。苦みやヤニっぽい雰囲気もあり。ただし、吸い進めるにつけ「これはタバコでは絶対無い」という位の違いはあります。

個人的にはしばらくすると慣れてきて「おいしい」とか思ったりも・・・
ま、あまり期待しない方が良いでしょう。むしろ、本当に楽しめるのはタバコ風味ではないフルーツテイストなどのカートリッジの方がおいしいです。もっともこうなるとタバコでもなんでもないですけども。

2・重さ
意外と気になったのはここ。
紙巻きのタバコと、電子部品がギッシリの電子タバコでは当然重量が違います。
紙巻きタバコはだいたい決まっていて1本で1グラム。大して電子タバコは一番軽いモノでバッテリ込みで10グラム前後。
明らかに「ズシっ」と、いかにも機械が詰まってるな〜という雰囲気。

当然、くわえタバコはできないですし、唇の質感も禁煙パイプの雰囲気ですね。
ちょっと違和感なく慣れるまで時間がかかります。

3・ランニングコスト
これは各メーカーによって価格や仕様も異なりますし、難しいところです。
当店で売り上げ1番の「シンプルスモーカー」を例にとれば、50本カートリッジで税込2,980円。メーカーの説明では1本でタバコ20本分。ただし、吸い方などにもよるそうですが、一箱60円弱と思えばかなりお安い。

本体の購入でそれなりに投資しますが、以降はタバコ吸いにとっては悪くないと思います。

バッテリですので充電も大事なポイント4・いくつか注意点も
説明を読んでわかっていても、実際に商品が届くと普通のタバコとの違いにおどろくだろうと思います。

材質や重さの違いは大きいですし、なにより定期的に充電しないといけません。これ、当たり前だけど「タバコと違うんだなあ」と個人的には一番しみじみ感じたポイントです。

もうひとつ、電子機器ですので手荒に扱うと壊れます。

一般的に電子タバコはどうやら壊れやすいようで、ちょっと注意が必要です。一概には言えませんが、やはり安い商品はそれなりに早く壊れるようです。

あ、だからといって高いモノなら壊れないということではありません。全体的に故障することはありますので、使用する際は気を遣った方がよさそうです。

5・結論
タバコの(あえて言いますけど)良さは文章では表現しにくいですね。電子タバコもあなたの微妙なご希望に添うかどうかは、結局試してみないとわからない。

ただ、「おもちゃ」という先入感とはかなり異なります。
むしろ、良くできているなあと感心するくらいです。

今回いくつか試してみて、すでに禁煙に成功して1年以上たっている私ですが、「ヤバいっ!また戻りそうっ!」と、全身から警戒警報が鳴った感じ。以降もタバコ味以外のカートリッジで楽しんでいます。

逆に言えば、それくらいにリアルではあるということなのかもしれません。

禁煙の補助としてはもとより、タバコを減らしたい方、禁煙パイプで我慢しているような方ならば試してみる価値はアリ!と思います。

特に「タバコの本数を減らしたい!」という方に一番おすすめです。


それではいよいよ機種別の比較と参りましょう!

2/機種別比較一覧へ

 

tracking